平成29年度 春季企画展「佐伯の津々浦ウラ」開催のお知らせ

  歴史資料館 春季企画展
 佐伯の津々浦ウラ
~江戸時代の漁業政策と漁民の信仰~

 江戸時代、佐伯藩の石高は2万石といわれ、稲作に適している土地はわずかしかなく財政の基盤を
築いていくことは藩の大きな課題でした。その一方で「佐伯の殿様浦でもつ」という言葉が使われる
ほど海に拓けた地域でもあり、蒲江の大庄屋玄太夫は「佐伯の富の源にして、百浦の名産なり。」と
言い、佐伯藩初代藩主毛利高政に鰯を献上した話が伝わっています。このような話から海岸部の豊富
な漁業資源が藩の財源となったことが推測され、それら海産物の出荷からどのようにして財源へ結び
つけたのか、藩の政策と漁民の並々ならぬ努力について見ていく必要があります。
 本企画展では、浦方と呼ばれる海岸部の村々に出されたお触れや漁業の奨励に関する資料などから
どのような政策が取られていたのか?また、漁民だけではなく藩主も寄与したという浦方の漁業信仰
(毘沙門天像・蛭子像)についても考え、紹介していきます。


 ■ と   き   4月27日(木)~6月11日(日)
        9時~17時(入館は16時30分迄)
        ※毎週月曜日は休館、5月1日(月)開館します。   

 ■ と こ ろ  歴史資料館1階展示室

 ■ 観 覧 料  一般300円(15人以上の団体は200円)
        小・中・高校生は無料
        5月1日(月)は開館記念日のため無料で観覧できます。

 ■ 展示解説  4月30日(日)、5月21日(日)、6月11日(日)
        13時30分~(30分程度)
          
       ※詳しくはこちらのチラシをご覧ください
          

-臨時休館のお知らせ-
企画展準備のため4月25日(火)・26日(水)は臨時休館します。