ワークショップ「刀の取り扱い実演」を実施しました!

1月19日(土)に、大分県立歴史博物館の平川毅さんによるワークショップ「刀の取り扱い実演」を実施しました。これは今、資料館で開催されている「れきはく交流展『豊後の名刀&大横綱双葉山』」に関連するものです。この日は定員を超える32名の方がいらっしゃいましたが、歴史博物館さんのご厚意により全員参加することができました。みなさん、平川さんの熱のこもったお話と実演に引き込まれていました。刀剣ファンの方は間近で実物を見ることができ、刀剣を所持されている方は取り扱い方を学んでいただいて、有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか。
2月2日(土)にはギャラリートークが行われます。刀の展示は平川さん、双葉山の展示は岩本さんにご案内していただきます。より深く今回の展示についてお話が聞けると思います。ぜひご参加ください。