第4回「郷土の歴史教室」を開催しました

 10月17日(木)に、第4回「郷土の歴史教室」を開催しました。
 谷川竜一氏(金沢大学 新学術創成研究機構 助教)と岡本正明氏(京都大学東南アジア地域研究研究所 教授)をお招きし、「豊後土工とアジア」についての講義をしていただきました。
 また、今回は科学研究費助成事業「出稼ぎトンネル坑夫集団「豊後どっこ」にみるアジア近現代開発史研究」との共催により開催することができました。

 豊後土工とは旧南海部郡を拠点とするトンネル坑夫集団で、大正から昭和にかけて日本はもちろん海外でも活躍しました。
 なぜ旧南海部郡で集団的に成立したのか、アジア開発とどのように関わっていたのかお話しいただきました。 
 また、日本とアジアの関係・豊後どっこが関わった世界でのプロジェクト等、幅広いお話を聞くことができました。
 講義後は質疑応答を兼ねて座談会を開き、大変有意義な時間となりました。
 先生方は遠方から来ていただき誠にありがとうございました。

 DSCN4904 DSCN4915

 DSCN4912 DSCN4918

 次回は12月19日(木)に弥生地区現地見学を行います。
 13時30分までに弥生文化会館駐車場にお集まりください。