歴史体験教室「作ってみよう!石の矢じり」を開催します

佐伯では6,000年くらい前に作られた縄文時代前期の土器や石器が発見されています。それをお手本に石の矢じりなどを作ってみませんか。

■とき   3月22日(日) 13時30分~(受付は13時00分~)
■ところ  三余館 1F 実習室
■募集締切 3月21日(土) 先着順(定員になり次第、終了)
■募集人数 20人
■対象者等 小学生以上 (小学1~3年生のお子様は必ず保護者同伴でお願いします。)
■準備物  材料費300円、新聞紙、粉が気になる人はマスク、汚れてもよい服装でご参加ください
*お申込みは、電話または資料館窓口でお願いします。
《申込み・問い合わせ》佐伯市歴史資料館(TEL22‐0700)

 
                        本匠堂ノ間地区で出土した石器

歴史文化講座「相撲の歴史1500年」を開催しました

 2月2日(日)に、歴史文化講座「相撲の歴史1500年」を開催しました!
 大分県立歴史博物館の岩本輝清氏をお招きし、相撲の歴史についてお話ししていただきました。
 佐伯市出身の嘉風をはじめ大分県内の力士の話や、相撲の起源となった世界の競技についてなどの幅広い話をみなさん大変興味深く聞いていました。

 また、この日はケーブルテレビ佐伯の取材が入り、講座の様子は後日「さいきっち1030」の中で放送していただけるようです。

 佐伯市内ではあまり聞くことのない内容ですので、貴重な講座だったと思います。
 ご来場いただき、誠にありがとうございました!

 DSCN5578 DSCN5587 DSCN5606

第6回「郷土の歴史教室」を開催しました

 1月23日(木)に、今年度最後の郷土の歴史教室を開催しました。
 今回は、別府大学の田中裕介教授をお招きし、「佐藤蔵太郎について」の講義をしていただきました。
 佐藤蔵太郎は佐伯出身で、小説家・ジャーナリストとして活躍した人物です。また、大分県郷土史の開拓者として、郷土史研究や史蹟調査などを精力的に行いました。
 考古学や歴史学についても大変わかりやすく教えていただき、みなさん興味深く聞いていました。

 DSCN5474   DSCN5478 DSCN5482

 講座終了後にアンケートにお答えいただきましたので、皆様の声を来年度の講座の参考にさせていただきたいと思います。
 受講していただいた皆様ありがとうございました!  
 
 
 

古文書講座初級編の受講生募集!

歴史資料館古文書講座初級編『古文書で知る佐伯氏の歴史』を開講します!

 佐伯に伝わった古文書を読んで、中世の時代の佐伯氏の歴史を学びます。
 今回は、戦国時代の古文書や平仮名のくずし字にも挑戦します。
 くずし字の読み方をやさしく解説しますので、はじめての方もどうぞお気軽にご参加ください。

 ■  日時     2月8日・15日・29日、3月7日・14日(いずれも土曜日)
         ※2月22日は除く
         10時30分から12時(開場は10時) 全5回

 ■  会場     三余館 2階 特別会議室

 ■  講師     歴史資料館学芸員

 ■申込方法 歴史資料館窓口 または 電話で申込み

 ■  定員    20名(先着順)

 ■ 資料代    200円(全5回分)
 ※全講座(5回)合わせて200円です。初回の講座でお支払いください。

 
 <お申込み・お問い合わせ> 佐伯市歴史資料館(☎0972-22-0700)

第5回「郷土の歴史教室」を開催しました

 12月19日(木)に、第5回郷土の歴史教室を開催しました。
 今回は、歴史資料館学芸員の中元が講師となり、弥生地区での現地見学を行いました。
 小林九左衛門が造ったことで知られる鬼ヶ瀬井路、西運寺にある小林九左衛門の廟などを見学しました。

 小林九左衛門は、佐伯藩の財政再建のために多大な貢献をした人物です。経済と地理に精通し、水田開発が佐伯藩にとって肝心であるとして、大規模な井路を築き上げました。そのおかげで、多くのお米が生産できるようになり、藩の安定した財源となりました。彼の死後、その功績をたたえて廟が建てられ、今日でも弥生の人々に親しまれています。

 少し肌寒い日でしたが、みなさんありがとうございました。

   DSCN5280 DSCN5283 DSCN5285

 
 次回は1月23日(木)別府大学の田中裕介教授による「佐藤蔵太郎について」の講義です。