第7回 郷土の歴史教室を開催しました

1月17日(木)に第7回郷土の歴史教室を開催しました。
今回は、佐伯史談会会員の丁田健太郎さんによる「歴史ロマン探検隊 佐伯史談会」です。
史談会が開催している史跡・文化財見学会「歴史ロマン探検隊」。今年度は、西南戦争の跡地や沿岸部の寺社などをまわったそうです。実際に歴史の現場に行き、文化財を目にした体験をご紹介いただき、佐伯の歴史の奥深さを知ることができました。
史談会では、今後も探検隊の活動を続けていかれるとのこと。皆様も参加されてみてはいかがでしょうか。

DSC_0033DSC_0037

次回は、年度当初の予定を変更して、佐伯史談会会員の鈴木友和さんにお話しいただきます。
テーマは幕末・維新の時代に佐伯藩で起こった禁錮騒動です。奮ってご参加ください。

第6回「郷土の歴史教室」を開催しました

12月20日(木)に第6回郷土の歴史教室を行いました。今回の講師は、佐伯史談会会員で資料館のサポーターもされておられる吉田勝重さんでした。内容は、「幕末から近代まで 佐伯の街並みの変化」についてお話しいただきました。普段何気なく通っている道、その傍らにある水路などが、江戸時代から昭和にかけて佐伯の街が変わっていった名残があるものだと思うと、また違ったものに見えてくる気がしました。

        

第5回「郷土の歴史教室」を開催しました

第5回郷土の歴史教室を行いました。今回の講師は資料館の学芸員 甲斐が務め、現在資料館で開催している特別展「矢野龍渓と近代佐伯の先哲」に関したお話をさせていただきました。マルチな才能を発揮していた龍渓ですが、さらに、社会に対する先見性と行動力も持ち合わせていたという一面を知っていただけたのではないでしょうか。

 

第4回「郷土の歴史教室」を開催しました

10月25日(木)に第4回「郷土の歴史教室」を開催しました。
今回は佐伯史談会員の丁田健太郎氏を講師に迎え、岡の谷招魂所の現地見学を行いました。
岡の谷招魂所は明治10年の西南戦争で戦死または傷ついて病死した人々を祀り、148基の墓標があります。また東京警視萩原隊戦死の碑もあり、この碑は明治11年9月埋葬、建立しました。
参加者の皆さんは戦争で犠牲になられた人々に思いをはせていました。

DSCN1891DSCN1895

DSCN1899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の講義は、11月15日(木)佐伯市歴史資料館 甲斐玄洋による「佐伯の近代人ー矢野龍渓を中心にー」です。

               《問い合わせ》歴史資料館(☎22-0700)

 

第3回「郷土の歴史教室」を開催しました

 9月20日(木)、第3回「郷土の歴史教室」を開催しました。
 佐伯市歴史資料館学芸員の中元による「佐伯と西南戦争」の講演を行いました。
 「明治10年 騒擾一件」という西南戦争に関する記録があり、探偵として活躍した藤丸宗造十等警部を取り上げ、記録の一部を解説しました。今まで知られることのなかった当時の背景をお伝えできたかと思います。

 DSCN1695  DSCN1707

 次回は、佐伯史談会 丁田健太郎氏に招魂所についてご案内いただきます。佐伯市臼坪にある岡の谷招魂所の登口に集合となっておりますので13時30分までにお集まりください。

 
《問い合わせ》歴史資料館(☎22-0700)