教室・講座

令和元年度「郷土の歴史教室」を開催します

 知っているようで知らない「郷土・佐伯の歴史」を学ぶ教室です。
 今年度も佐伯史談会のみなさん・学芸員による講座・現地見学を通して、佐伯の歴史に迫ります。

■と こ ろ   三余館2階 大会議室
■定   員   80人
■受 講 料   年間500円
■申込期限    7月11日(木)
■申込方法    ハガキ、メールまたは歴史資料館窓口で、①郵便番号・住所②氏名③電話番号④メールアドレスを記入し、郵送またはメール、直接窓口に申し込んでください。

《申込み・問い合わせ》
 〒876-0831 佐伯市大手町1丁目2-25 佐伯市歴史資料館
 ☎0972-22-0700
 メールアドレス saiki-rekishi@city.saiki.lg.jp
 ※メールでお申込みの際はこちらの様式をご利用ください 

■教室の日程と内容 ※時間は13時30分~15時(受付13時~)

日  程 内容(テーマ) 講  師
7月18日(木) はるか番匠の流れ
-佐伯地方の職人と建築-
佐伯史談会  佐藤 巧 
8月22日(木) 隠れキリシタン佐伯について 佐伯史談会  丁田 健太郎 
9月19日(木) 山田俊卿について 佐伯史談会  吉田 勝重
10月17日(木) 豊後土工についての研究 金沢大学  谷川 竜一
12月19日(木) 弥生地区現地見学  歴史資料館  中元 洋司
1月23日(木) 佐藤蔵太郎について 別府大学  田中 裕介

 

れきはく交流展 「ギャラリートーク」を行いました

2月2日(土)に、開催中のれきはく交流展「豊後の名刀&大横綱双葉山」についてのギャラリートークを行いました。この日は、県立歴史博物館の学芸員、平川さんと岩本さんに展示の解説をしていただきました。
前回のワークショップの時も多くの方にお越しいただきましたが、今回も29名の方がお2人のお話を聞き、展示について質問をされていました。
両方参加されている方もいらっしゃって、関心の高さと熱意がうかがえました。

      

ドキ土器!佐伯の縄文土器 (体験教室お知らせ)

8,000年前の佐伯の人が作った縄文土器をもとに、ねんどに模様をつけたりしながら自分だけの縄文土器を作ってみませんか。焼かずに固まるので、そのまま持ち帰ることができます。

■日  時    3月10日(日) 14時~(受付は13時30~)
■場      所    三余館 1階 実習室
■対  象    小学生以上(低学年は保護者同伴)
■定  員    20人 ※先着順
■申込期限    3月10日(日)
■準 備 物     材料代300円、ハンカチ、汚れてもよい服装
■申込方法  電話または資料館窓口で直接お申し込みください。
《申込み・問い合わせ》 佐伯市歴史資料館 (22-0700)

           市内直川地区から発見された縄文土器          こんな感じにできます!!

「歴史資料館 古文書講座」受講者募集中!

歴史資料館 古文書講座 初級編 『古文書からさぐる毛利高政』

佐伯に伝わった古文書をテキストにして、佐伯藩初代藩主・毛利高政について学びます。
くずし字の読み方をやさしく解説しますので、初めての方もお気軽にご参加ください。

と  き 2月23日(土)~3月23日(土)
     毎週土曜日 10時30分から12時 全5回

と こ ろ  三余館 2階 特別会議室

講  師 歴史資料館学芸員

申込方法 歴史資料館窓口 または 電話で申込み

定  員 20名(先着順)

料 代  200円(全5回分)
※全講座(5回)合わせて200円です。初回の講座でお支払いください。

【お申込み・お問い合わせ】 佐伯歴史資料館 ℡0972-22-0700

  

ワークショップ「刀の取り扱い実演」を実施しました!

1月19日(土)に、大分県立歴史博物館の平川毅さんによるワークショップ「刀の取り扱い実演」を実施しました。これは今、資料館で開催されている「れきはく交流展『豊後の名刀&大横綱双葉山』」に関連するものです。この日は定員を超える32名の方がいらっしゃいましたが、歴史博物館さんのご厚意により全員参加することができました。みなさん、平川さんの熱のこもったお話と実演に引き込まれていました。刀剣ファンの方は間近で実物を見ることができ、刀剣を所持されている方は取り扱い方を学んでいただいて、有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか。
2月2日(土)にはギャラリートークが行われます。刀の展示は平川さん、双葉山の展示は岩本さんにご案内していただきます。より深く今回の展示についてお話が聞けると思います。ぜひご参加ください。